未分類

不倫のカレに、この質問は、禁句です。

投稿日:

こんばんは、疋田ゆかりです。

今日は、電話カウンセリングでした。

最近、コロナの影響か、お昼の電話カウンセリングも増えていますね。

先日お話ししたお客様は、彼と、コミュニケーションをもっと取りたい。

彼にされて、落ち込むポイントを、一緒に探っていきました。

・追いかけられるためには、どうしたらいいの?
・最近、マンネリ気味...
・もっと彼に、自分の気持ちを、話してもらいたい。
・家庭の話を、全くしないカレ
・ラインしている途中で、急に、返信が途切れる。

などなど、今、感じているモヤモヤを、整理整頓していきました。

例えば、彼が自分のキモチを、全然話してくれない。黙り込む。

どういう状態なのか、詳しくお聞きすると、

「わたしのことを、どう思っているのか聞いても、答えてくれないんです。」

と、悩んでいたのです。

これは先日の、男性心理セミナーでもお話ししましたが、男性が最も答えにく質問なのです。

「わたしのこと、どう思う?」
「わたしのこと、好き?」

一方、この質問は、女性が特に聞きたいコトですよね。

だから、何も言ってくれない彼に、彼女は不満に感じていたのです。

「なんで言ってくれないのよ!」と怒っては、ダメですよー。

例えば、あなたはお酒が飲めないとします。それに対して「なんで、酒が飲めないんだよ!ばか。」と言っているのと、同じコトです。

できないコトに対して、腹を立てても、それはわがままですよね...

単純に、「そっか、これは彼にとって難しい知るもんなんだ。」って覚えておいてください。

理由は、セミナーやカウンセリングの時に、お伝えしますね。

このように、男女の違いを知っていると、悩まない。落ち込まない。ケンカにならない。傷つかない。

明るい恋愛が、できるよになっていくのです♪

彼も、自分ができないコトを、いつまでも、「やって欲しい。言って欲しい」と言われることは、苦痛です。

それよりも、上手に、可愛く、彼に言わせちゃうテクニックを、身に付けて下さい。

「キミの、全部がかわいいよ♪」

って、不倫のカレが、言ってくれるようになるのです!

男性心理を知っちゃうと、恋がますます楽しくなります。笑顔いっぱい、明るい恋愛ができますよ。

彼との、コミュニケーションで悩んでいるなら、男性心理は必須です!

次回の男性心理セミナーは、5月17日(日)名古屋です。

今のうちから、予定を空けておいてくださいね。
 

—–

公式ラインIDは、こちらです。
 @416whugm

気づいたら450名突破!ぜひ、登録してくださいねー。
 https://lin.ee/iEHdqsQ

—–

心理学の3ヶ月講座もやりたいな。と思っています。

—–
1416

 

豊橋市、豊川市、岡崎市、田原市、蒲郡市、新城市、名古屋、刈谷市、浜松市、滋賀、岐阜、三重、四日市、福井、大阪、兵庫、岡山、長野、東京、横浜、神奈川、埼玉、千葉、福島、栃木、青森、島根、福岡、熊本、鹿児島、NYなどからご相談を受けております。

あなたの本気の恋の悩み、W不倫、婚外、会いたい、バツイチ、再婚、結婚、別れ、復縁、夫婦、職場、恋愛、復縁、罪悪感、セカンドパートナー、相談、伺います。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

不倫成就までのステップって、どんな風に進んで行くのでしょうか?

こんばんは、疋田ゆかりです。 次回の男性心理は、5月17日(日)名古屋で開催します。 詳細は、コチラです。ぜひお越しくださいね。 不倫のカレと、結婚したい! じゃ、どうやって、「離婚しない」と言ってい …

不倫の彼のイチバンになる、ダイジェスト版1は、これです!

こんにちは、疋田ゆかりです。 最大級に愛されて、不倫成就を叶えていきましょう。 不倫のカレの、考えていることが、手にとるようにわかります。彼の気持ちがわかると、ケンカも減ります。 妻よりもくつろげる人 …

不倫相談 短時間のカウンセリングで、こんな素敵な事が起こるなんて!とびっくりしています。

● 不倫相談 短時間のカウンセリングで、こんな素敵な事が起こるなんて!とびっくりしています。 こんにちは、疋田ゆかりです。 絶望的な不倫の恋でも、明るい未来を想像できます。 「私が、不倫をするなんて、 …

名古屋、相談・不倫のカレに、本気になっちゃダメなんだ!!

● 名古屋、相談・不倫のカレに、本気になっちゃダメなんだ!! こんにちは、疋田ゆかりです。 シンママさんにありがちな、がんばり過ぎをやめると、愛されますよー。 「ひとりで頑張らなきゃ。」が口癖になって …

不倫に悩むのは、親の呪縛だった?

こんばんは、疋田ゆかりです。 今日から、お盆の方もいるみたいですね。 私のブログを読んでくださっている方は、ほとんど1900年代生まれだと思います。 年歴で見ると、1900年代は、「突き進む!」「開拓 …